HOME>特集>現在増えている利用目的は現代社会の情勢を色濃く反映

これまではセーフだったのに

個人が不動産売却を利用する目的といえば、これまでは自宅の住み替えなどが多かった訳ですが、近年ではそのほかの利用目的も増えつつあります。例えば平成27年に、およそ4割相続税の控除金額が減ったため、相続税が支払えないことから、不動産売却を利用するケースも増えているのです。都内の23区である練馬区も不動産価値が高いエリアなので、改正前の控除額なら相続時の納税は不要でも、改正後では課税対象になりやすくなっています。相続税の申告期間は10か月間と短いため、納税目的で不動産売却を行う際は、早めに練馬区の不動産会社で相談しておきましょう。

空き家と老後の暮らしも利用目的

相続税とは関係なく、相続した実家の維持が大変なことから、不動産売却を利用されるケースも増えています。現在では特別措置法が整い、ずさんな管理者には罰則も設けられているため、今後もその理由から練馬区でも不動産売却を活用される人が増えると予想されているのです。そして、核家族化が進む現在では自宅を売約して、有料老人ホームへ入居するパターンも見られます。老人ホームは暮らしが楽になる代わりに費用も高いのですが、自宅を売れば資金を確保できるので、不動産売却は快適な老後の生活を実現する目的でも活用されているのです。

広告募集中